スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハント警部はシティ・ファン

今日は2つ続けてフットボールネタ。前の日記で英国のテレビドラマ『時空刑事』にはまっていると書いたが、今週放送の第5話は、その名もずばり「マンチェスター・ダービー」、いや、本当は違うけど。

081120-2.jpg


この日の殺人現場は、「トラッフォード・パーク」。マン・ユナイテッドのスタジアムの近くだ、と思ったら、案の定ユナイテッド・ファンが殺された。
”勘で動く”ハント警部はライバルのシティ・ファンの仕業と決めつけるが、実は、週末のダービーマッチに向け、シティ・ファンをやっつけたいユナイテッド・ファンが、シティ・ファンの仕業に見せかけようと乱暴したところ、過って殺してしまったという事件だった。

逮捕した犯人に向かって、サムが言う。「これがエスカレートして、メディアが騒ぎ、ほかのクラブのファンも競い合い、憎しみが生まれる。もうフットボールとは関係なくなって、犯罪も起こるんだ」
80年代のイングリッシュフットボールの暗黒時代を知っている彼だからこその言葉、重い。

昔、チェルシー対リヴァプール戦に行ったときに、負けたチェルシーのサポーターがフラムロードの店の窓を片っ端から割っている姿を見たけど、プレミアリーグになってからはそういう怖いこともなくなったよね。


<ユナイテッド・ファンの集まるパブでかかるのはT RexのJeepster>

もちろん、いつものようにくすりとさせる場面も。ハントは当然、シティ・ファンだから、2-0でシティの勝ちに賭けるし、女の首相なんて絶対出てこないって断言するし(それから数年後、サッチャーの登場で英国は泥沼になるけど)、サムはパブで「ボビー・チャールトンが得点するかな。俺はルー・マカリがいいと思うけど」と話しかけて無視されるし(チャールトンは73年シーズン末に引退、マカリは73年冬にセルティックから移籍したのでタイミングはぴったり)、パブのキッチンでコリアンダーないかなんてのたまうし(前の回では家でメキシコ料理を作り、ワインをあけるので女の子に驚かれるところがあった。サムが現代の男らしく料理にうるさいことがわかる)。

また、前回の母親の登場に続いて、今回は4歳のサムと父親の姿の登場のさせ方もうまい。ほんとよく出来ているドラマで、こんなに来週が待ち遠しいと思ったのは久しぶりだ。


そういえば、シティ・ファンのOASISの来日が決まった。来年の3月18日から29日まで日本ツアー。
東京は、幕張メッセ(また、東京じゃないけどね)で2days。今週末からもうチケットの先行予約が始まる。
2月のColdplayも楽しみだけど、OASISは2005年11月以来なので、もっと楽しみ! ただ今回はオールスタンディングだから、3月までに体力作りに励まないと、やばいっしょ!(笑) 

OASISのライブには、スカイブルーのユニフォーム姿のファンを見かけるが、東京では何を勘違いしたかリヴァプールのユニフォームを着てた子もいたな。間違っても、ユナイテッドはいないだろけど。
それにしても、ドバイの投資家グループにクラブが買収されたこと、兄ちゃんはどう思ってるんだろ。





関連記事
スポンサーサイト
三度目の正直? | Home | スペイン代表レッズ5人衆

コメント

こんばんは!
ハント警部の飲みっぷりが見事!(笑)いいキャラしてますよね。
前回といい今回といい、サムが幼い自分と出会う場面がさりげなくて秀逸です。
月末にDVD出るんですよね。ほしいなあ。

私もOASIS行きます!

2008/11/23 (Sun) 19:45 | hikaru #hUL/1QHA | URL | 編集
hikaruさん

ハント警部は、酒飲みでセクハラで、見ていてハラハラ。愛すべきキャラですね。

OASIS、楽しみですよね!
来春は来日ラッシュで財布が厳しくないですか?(笑)

2008/11/24 (Mon) 10:22 | maxi #hUL/1QHA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。