スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数十年ぶりに聞いた。

昨晩渋谷で、昨年末に博多で28年ぶりに行われたThe Roostersのライブのフィルムコンサートがあった。
「伝説の夜がよみがえる」との宣伝文句にいつわりなし。圧倒的だ。改めて曲のすばらしさに惚れ惚れ。バンドとしてのパワーに鳥肌が立つ。"Case of Insanity"の大江は鬼気迫るものがあった。ギターすごいよ。これを生で見た人いるんだよね。(前の方の数人が手を挙げてらした)
スモークが焚かれて照明を極力落としたステージの演出もかっこいい。まんまEcho & The Bunnymenだけどね。
これまで何度か見ている「最近の」ルースターズのライヴは若い子もけっこういたけれど、この日の客席は「昔、ロフトやエッグマンにいたでしょ!」みたいな感じの人が多かった。みんなルースターズは忘れられない。でも、全然ノスタルジックじゃないんだ。それはフィルムの前に演奏してくれた、ルースターズが大好きな若いミュージシャンたちのおかげでもあるかも。


<たぶん数十年ぶりに聞いたこの曲。フィルムの中の大江はイントロ合わずにやり直ししていた。>


フィルムの後のライブ演奏には、予告にあった池畑と、予告にはなかった花田が登場。テキーラとか恋をしようよとかやってごきげんだった。私の立っているところからは、花田の腕越しにドラムを叩いているキュウちゃんの嬉しそうな顔(なんたって、池畑とツインドラムだもんね)が見えたのもよかったよ。

P2010_0320_092159.jpg
4月発売のDVDのちらし。上映会と比べると曲数がいくつか少ないらしいが、代わりにリハの様子とか入っているという。緑色のは上映会のおまけ。大江のイラストつきのコインケース!(笑)


ところで、昨晩知ったのだが、一昨年の池畑祝50歳祭に続いて、今年は花田50歳記念ライブがあるそうだ。池畑の時の充実ぶりから言ったら、こっちも期待できる。詳細はこちら
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽
03/20のツイートまとめ | Home | 03/19のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。