スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Only Ones@新宿

時間のかかる新しい仕事が入り、さらには仕事場の引っ越しと、盆と暮れが一緒に来たような慌ただしさ(←こういう使い方はしませんかね)で、ほぼつぶやきですませていた今日この頃。
しかし、これだけは書いておかねばと思い、7日のThe Only Onesの話を。

70年代終わり、パンク~ニューウェーブの時代のUKで、ルー・リードとかジョニー・サンダースとかのNYのデカダンやサイケデリアをにおわせていたバンド。ヴォーカルのピーター・ペレットのしゃがれた声とゆらゆらしたポップセンスがたまらなくかっこよかった。
2007年に再結成後、来日は二度目というが一度目はミス。ロンドン時代からの男友達と足を踏み入れたのは、新宿のAntiknockというライブハウス。なんと、ロフトよりもずっと狭い。客層は我々のようにそれなりに歳を重ねてきた連中(おじさん外人もちらほら)に加え若いパンクスも。

8時過ぎについに姿を現したある意味「伝説の」バンド。元ジャンキー特有の蝋細工のような肌をした、それはそれは細いピーター・ペレット。すっかり好々爺のようだけど、相変わらずのご機嫌なギターを聞かせるジョン・ペリー。「ローディがいないから待たせて悪いね」と言いながらチューニングする姿が好ましい。昔から年取っていたドラムのマイク・ケリーは今も年取っているし。ベースのアラン・メアーの風貌が一番変わっていたかなあ。生の彼らを間近に見られただけでもう半分は目的を達成したようなもの。しかも、たたき出す音楽は相変わらずかっこかわいらしい。

"The Immortal Story"で始まったギグは、新作もけっこう多くて、そこにも彼らのポップセンス満載。終盤には"Another Girl, Another Planet"や"The Beast""Lovers Of Today"などなじみの曲連発で大盛り上がり。顔のしわは増えたとしても、彼らのロックは決して衰えない。「やっぱり現役はかっこええ」としみじみ。
観客から「愛してるよ~」と声がかかると、ピーターが「俺たちも愛してるさ。俺たちがいるのはあんたらのおかげ」(もちろん英語だったけど)。そんなファンとの掛け合いにも感謝したい一夜だった。

その後は近くのアイリッシュパブ、ダブリナーズでマーフィーズを飲みながら、The Only Onesの来歴をたどる思い出話に花が咲いた。そんな友達がいることにも感謝だね!


<これは2009年4月のストックホルムでのライブ>
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽
11/11のツイートまとめ | Home | 11/10のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。