スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイ@Mr. Qute

ジェイがハリウッド映画に出るおかげで、英訳のニュースも頻繁に目にするようになった。最新のはこれ。


金曲奨受賞を祝う機会のなかったジェイ・チョウは昨日(22日)午後に、開店したばかりのデザートハウス"Mr. Qute"に記者を招き、アフタヌーンティを楽しんだ。今年の授賞式に出席できなかったことについて、彼は悔やんでいると話し、来年はいくら忙しくても出席すると語った。

『グリーン・ホーネット』の撮影でアメリカへ行くため、新しいアルバムをリリースできるのかとの質問には、「曲はすでにだいぶ前に書き上げたんだ。撮影の休みにでもアメリカで録音する方法がないか考えるかもしれないよ」と答えた。

スケジュールが非常にタイトで、今でもまだ金曲賞の最優秀男性歌手賞のトロフィを握っていないというジェイだが、来年の計画はすでに立ててあって、授賞式には必ず出席すると話し、笑顔で、「今年アルバムをリリースしなくても、絶対行くよ。だって、歌の王者は絶対招待されるでしょ?」と言った。

噂によると、ジェイ・チョウは韓国人スターのクォン・サンウなど多くのアジア人俳優と、カトー役を争ったという。「僕はあとになって、たくさんの人がこの役のテストを受けたことを知ったんだ。僕は本当に幸運だと思うよ。だって、華人にこんな良い役を与えるハリウッド映画は多くないからね。僕はビデオで監督と脚本家のスクリーンテストを受けたんだけど、最初は脚本家が主演をやるとは知らなかったんだ」

『グリーン・ホーネット』にはアクションシーンとカーチェイスがあるため、ジェイはプロにドリフトの仕方を習ったり、ブルース・リーの映画にも出演したことのある先生と武術の練習をしている。ところで、撮影を終えたばかりの映画『刺陵』の場面をみせびらかしたかったジェイは、「主役の人(セス・ローゲン)に『刺陵』のファイトシーンの映像をわざと見せたんだ。動きの多くはその場で教わったものだけど、なかなかよく出来てるんだよ」とジェイは言った。そして、それを見終わったセス・ローゲンは、「すっげえ!」と驚いていたそうだ。


5093705-2168417.jpgピクチャ 14
<ファンにとっては新たな観光名所(?)となったMr.Quteで>

アメリカでのレコーディングはすごくいいアイディア。環境が違えば、さらなるインスピレーションの源になるかもしれないし。時間が許すといいね。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽
08/25のツイートまとめ | Home | 08/23のツイートまとめ

コメント

興味深いです!

アメリカでのレコーディング、実現したら興味深い。ジェイの好奇心にあふれた小さな瞳がきらきら光るのが目に見えるよう。絶対にいい刺激になると思うので、実現したらいいですねえ。

2009/08/25 (Tue) 18:49 | 蘭 #hUL/1QHA | URL | 編集
蘭さん

> ジェイの好奇心にあふれた小さな瞳がきらきら光るのが目に見えるよう。

ああ、想像してしまいましたよ。
いいですね、楽しそうですね。ついでに西洋(!)のミュージシャンとのコラボもあったらおもしろいですね!

2009/08/27 (Thu) 19:19 | maxi #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。