スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇打

090530-2.jpg


ジェイ・チョウのコンサートでお知り合いになり、いろいろと中華情報を教えてくれるありすさんが、今心底惚れ込んでいるのが台湾のバンド、蘇打(Soda Green)。そのソーダの最新アルバムがありすさんから届いた。それもサイン入り。もったいないけど、多謝!
 
タイトルは『春・日光』。予備知識がなくても、言葉がわからなくても、イメージの広がる美しい曲がたくさん。普段洋楽しか聴かない人にも受け入れやすい気がする。私はCorrsを思い出した。フィドルとポップテイストのせいかな。
スポンサーサイト
テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

韓国フェスでOASIS

2回続けてOASISの話題。

今年の夏は久しぶりに苗場にOASIS詣でかなと思って、彼らのスケジュールをチェックしていたら、苗場の次は26日にJisan Valley Rock Festival出演とある。

さて、どこだろう? 名前が韓国っぽいなと思ったら、まさにその通りで、ソウル郊外の芝山(チサン)フォレストスキーリゾートで開催されるものだった。
テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

リアムのレイバン

昨晩はリヴァプールの試合が録画放送だったので、残留争いの試合をチェックしながら(ニューカッスル降格は残念。でも、あんなお粗末なプレーじゃ仕方ないか)、BShiでやっていたOASISのライブを少しだけ見た。

昨年10月にロンドンはチョークファームのラウンドハウスで撮影されたもの。かつて近くに住んでいたのでよく通ったものだが、今でもちゃんと使われているとは驚き(ずいぶんきれいになったみたいだが)! もともとは近くを走る国鉄の機関車庫だった建物で、文字通り円形をしている。スタンディングだから、ぎゅうぎゅう詰めのギグのときはよく酸欠になりそうだったなあ。と、昔話はこれぐらいにして……。

今回のツアーとほぼ同じセットリストなので、幕張で興奮したのを思い出したが、BBCの中継によるハイビジョン映像はものすごくきれいで感心してしまった。それに、坊主じゃないリアムがやたらスタイリッシュで。あのレイバンのサングラスほしいっす。

liam.jpg

テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

レッズ、2位フィニッシュ

PROP090524-26-Liverpool_Tottenham.jpg

24日の試合で、我がレッズのシーズンが終わった。
25勝11分2敗の勝ち点86で2001-02シーズン以来の2位。2敗しかしていないのに優勝できなかったのは、返す返すも悔しいけど。
私にとってもっとも印象的なのは得失点差50という数字。マンUやチェルシーが44だから、ダントツ。総得点77はもちろんリーグ一。今まで得失点差はほとんど30台だったから、これは画期的な数字なのだ!!!! 
キャプテンが、最後まで優勝争いにからめた今シーズンはとても楽しかったと言っていた。ファンも思いは同じ。いよいよ、来季は頂点に!
テーマ: 欧州サッカー全般 | ジャンル: スポーツ

Flowers-May

090524-3.jpg

<今日のアレンジ>

今月は野に咲いたままのようなアレンジ。花材はとてもたくさん種類があるのだが、いつものようにメモしてくるのを忘れた。麦にマトリカリア、スモークツリー、うつぎ……などなど。

テーマ: 今日の出来事。 | ジャンル: 日記

カラフルマスクがいい

東京は今のところ豚インフルエンザの感染者は出ていないが、ニュースを見ると関西では学校が休みになったり、生活にさまざまな影響が出ていて大変そう。それにしても、駅や銀行など、みんなが白いマスクをしている光景ってけっこうコワイものがある!

感染予防の強い味方なら、いっそ、ジェイみたいなカラフルマスクにしたら気分転換にいいんじゃなかろうか?

台北では夜市でいろんな柄のが売っていたのでいくつか買ってきたけど、友達への冗談土産にしたので、うちには一個も残ってないのが残念。

ピクチャ 11ピクチャ 13
ピクチャ 10ピクチャ 12
<「我不配」のMVから>

ジェイは大陸のコンサートやイベント、映画の撮影といろいろ活躍中のようだが、しばし追っかけを休んでいる(?)身なので、こんな話題でお茶を濁してみました!

そういえば、香港で豚インフルエンザが発生して一時閉鎖になったホテル。昨夏泊まったところだった!
テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

MILK

milk.jpg

ちょっとまえ、レイトショウを見に連れ合いとシネコンへ行った。だが、一緒だったのはそこまで。彼が見たいという『グラン・トリノ』は、私が苦手な(と勝手に思っている。いわゆる食わず嫌いな)クリント・イーストウッドの監督作なのでパスし、私は『ミルク』を見ることに。

ショーン・ペンが、1970年代に実在したゲイの社会運動家、ハーヴィ・ミルクを演じアカデミー男優賞を獲った作品だ。

連れ合いの、「ショーン・ペンは演技が過剰だからなあ」という意見に時に賛成してしまう私だが、この作品ではゲイという役柄からいっそう過剰になりそうなところ、あにはからんや、少し抑えめの芝居で、ハーヴィという長所も短所も併せ持った人物を演じきった。
テーマ: ★おすすめ映画★ | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。