スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミンの休日

1月の半ばにホーチミンへ行ってきた。
久しぶりに出会う南アジアの喧噪だったが、乾期とあって過ごしやすく、人混みもほこりもあまり気にはならない。おいしいものを食べて特に何もしないというのが目的の旅だったので、のんびり街歩きをしてすごした。

ごはんは何を食べてもはずれがなかったし、安い! ちょっとおしゃれしていくレストランでも2人で4000円ぐらいで満足。カジュアルなランチなら2人で1000円でおつりがくる。地元の人しか行かないようなところなら、きっとさらに手頃だろう。

ベトナムの通貨ドンは100円が1万7000ドンくらいのレート。最初のうちはビール3万ドンと言われて「高いのか安いのかわかんない?」と躊躇したけれど、実は180円。それで、その感覚が身についてからは、○万ドンで「あら安い」と言えるのがなんかうれしかった。せこいかも?

ベトナム語は全然わからないけれど、語尾をちょっと伸ばす陽気なしゃべり方が、広東語に似ている感じがして気に入った。

ジェイとの遭遇は、ホテルのジムでラニングマシンをやっていたときに、MTVから流れたSHEの「安静了」だけ(きりがいいので、そこで走るのやめたけど)。街にはいかにも海賊版というCD屋さんを1軒みかけただけで、あとは書店のCD売り場ぐらい。みんなどこでCDを買っているのだろう? あるいは買わないのか? チャイナタウンをもう少し探索すればあったのかなあ。

春節前だったので、空港は海外から大きな段ボールをたくさん抱えて帰国した人々と、それを出迎える家族親類その他大勢の人たちで、ラッシュアワー状態。今回の旅で一番インパクトがある光景だったかもしれない。

アルバムはこちらをどうぞ。

090130-2.jpg


スポンサーサイト
テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

007と春節晩会

中国の春節を前に、日本で俗に言う正月映画の『007 慰めの報酬』を見てきた。

超スピーディな展開に息つく暇もなく、まるでスポーツ観戦してるみたい。例によって世界を股にかけるから、「世界の車窓から」3倍速篇って感じも。(笑)
とにかく陸、海、空と手を変え品を変えてのアクションシーンがすさまじい。昔の007なら、「運転席が宙に飛び上がる」でしょ、というカーチェイスのシーンでも最後までバトルを続けるから、思わず画面を見ながらよけたりしてるの。ディズニーランドのアトラクションか、これは。いえ、一級のアクション映画です。

まったりした場面はほとんどなく、すべてが分刻みで展開。前作を見てないとスクリーンのこっち側では取り残され感があるかも。なにしろ前作の1時間後という設定で始まるから。(でも、その1時間後というのが微妙。直後じゃないから、ぴんと来ない)

愛したヴェスパーを殺され、復讐の鬼となったボンドは人を殺しまくり、Mにもあきれられる。ボンドとMの関係がますます「出来の悪い息子とそういう子供ほどかわいい母親」という構図になっているのは笑える。それにしても、化粧を落としているシーンを撮らせるジュディ・デンチはすごいです。

定番のマティーニではなく、得体の知れないカクテルを7杯飲んでも眠れないボンド。悩みが深いのはわかるが、いつも眉間にしわを寄せてる。前作のヴェスパーとの会話のような記憶に残るウィットに富んだやりとりがあれば救えるのに。ブルーアイズにどきっとする場面もなかったな。惜しい。

と、文句を言いながら、DVDになったらもう一度見ないと。拾えなかった情報が多すぎるから。(笑)

090126-1.jpg
<親子じゃないんですから>

六本木ヒルズの映画館は23時以降だと駐車料が3時間無料。普段は1時間600円のところだから、ありがたいとばかりに夜中にお出かけ。映画を見るとすぐ影響される私は、地下駐車場を出るときから飛ばしたい気分と思っていたのだが、246の池尻付近で中央分離帯に車が突っ込んでいるのを見て、自粛した。あの運転手も「007」を見たかしら?



翌日、中国のテレビの大晦日の番組に出ていたジェイをPCでリアルタイム視聴。きんきらきんで「本草綱目」を歌っていた。
かなりクリアな映像で見たせいでよけいそう思ったのかもしれないが、演出や客席の様子など、日本の感覚から言うと一昔も二昔も前のテレビ番組みたいなダサさ。けれど、ジェイはああいう環境でも(というか、それが通常なんだろうか。あ、日本でも紅白はあんな感じなのか?)がんばってやっているのかと思うと感慨深い。

090126-2.jpg

動画はこちら

テーマ: ★おすすめ映画★ | ジャンル: 映画

Oh honey, it was paradise.

渋谷で上映されていたときに見逃した『ルー・リード/ベルリン』が、近くの下高井戸シネマで上映されるというので見に行った。
30年ぶりにライブでよみがえったとか、「すごいよ、すごい」。
『シャイン・ア・ライト』と同じようにニューヨークの劇場でのライブをドキュメンタリしたもの。でも、あっちが表通りを歩いて来た人たちのものなら、こちらはやっぱりワイルドサイド。比べるのも意味ないけど、当然、こっちのほうがかっこいいでしょ。ルー本人もバンドも静かに躍動していた。



これは2007年7月ベルリンでのライブ。



アンコールでやった "Candy Says"。アントニーの声にぞくぞく。

家に戻ってきたら、スカパーで、昨年10月に行われた池畑潤二50th ANNIVERSARY "BIG BEAT CARNIVAL"の中継をやっていた。ギターに花田、ベースに井上、それで「恋をしようよ」とか「Rosie」とか。探したけど、大江はいない。福岡のギグには出ていたそうだ。なんか、自分の原点に出会った夜だな。久しぶりに見た浅井健一も相変わらず小さいけどかっこよし。



そう言えば、『ベルリン』見に甲斐よしひろが来てた。関係ないな。

テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

ジェイのヒロイン

30歳になったジェイ・チョウ最初の仕事は、『カンフーダンク』のチュウ・イェンピン(朱延平)監督の新作『刺陵』のヒロイン発表!
昨年末に制作が発表されながら、ジェイの相手が決まっていなかったが、21日に林志玲(リン・チーリン)のお披露目があったそうだ。

ジェイの希望通り、「言葉に支障の無い人」となったけれど、「僕より背が低くて」という希望は叶わなかった。だって、彼女、174cmはあるそう。『レッドクリフ』は見てないけれど、記者会見で男性陣と並んでも同じくらいで、トニーさんよりは確実に背が高かったもの。しかもジェイより4つ歳上! 内容的にはあまり興味がないけれど(本音で失礼!)、どんなヒロイン像になるのか、ちょっとだけ楽しみかな。

ジェイのマジックで登場のヒロイン!

090121-3.jpg

ジェイのうれしそうなこと。こんな美人じゃ、無理もない~

090121-2.jpg090121-1.jpg
テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

誕生会でのジェイ

台湾の烏龍茶さんが、ジェイの誕生会のニュースを知らせてくれました。
そのまま訳してみますね。

ジェイは昨日(19日)、誕生会を開いて、興味深い映像などをファンに披露したので、お知らせします。日本人のファンの一人が幸運にも、ジェイと一緒に「給我一首歌的時間」を歌いましたけれど、 maxiさんはご存じの方?



本当は「魔術先生」を歌うことになっていたのだけれど、ジェイが司会者に「魔術先生」は難しすぎるから曲を変えると言った。それで、ファンの人が歌い始めると、ジェイは各センテンスの最後の一言と、終わりのほうでは数行を一緒に歌ってとてもかわいらしかった。
客席のファンの手伝いが必要かもと思った司会者は、日本人のファンと一緒に歌ってあげてと声をかけた。ジェイは(0:52あたりで)彼女に「なかなかいいよ」と声をかけて励ましました。



ジェイと外婆(映像はこちら

司会者はジェイに、「ジェイにとって一番大事な女性二人」を紹介するように言って、それは客席にいたジェイのママとおばあちゃまでした。ジェイは、外婆はとてもおしゃれで、この日のために美容院にも行ったと説明。そこで、司会者がおばあちゃまにステージに上がってもらい、ジェイに言葉をかけてやってと(北京語で)言うと、恥ずかしがり屋で司会者の言っていることもよくわからなかったらしいおばあちゃまは微笑んだだけ。そこで、司会者は台湾語で(その後の3人の会話は全部台湾語)質問したら、おばあちゃまはついに理解して、ジェイに「誕生日おめでとう」と言った。
その後、司会者がおばあちゃまにジェイをハグするように言うと、彼女はそうして(かわいい!)、司会者が次にジェイにキスするように言うと(それにはジェイが大慌て、うろたえるのがわかる)……彼は(北京語で)たくさんの人の前でそれをやるのは「きまり悪い」と言って、おばあちゃまを舞台からおろそうとしたのだけれど、おばあちゃまはわけがわからないといった様子だったし、ファンは「キス、キス、キス」と声をそろえた。
キスしてもらったあとで、ジェイは「おばあちゃんはおじいちゃんがだいぶ前に死んでから、ずっとこれをやりたいと思ってたに違いない」とジョークを飛ばした。司会者はそれでも足りないとばかりに、マスコミ席にいたカメラマンに、ベストショットを撮るためにもう1回やってもらいましょうかと尋ね、カメラマンが「お願いします」と言ったもので、おばあちゃまがジェイにまたキス。気の毒なジェイは照れまくっていた。その後、司会者とジェイは「龍戦騎士」のMVについて話を始めた。


ジェイのこれまで(映像はこちら

JVRのスタッフが制作したジェイのこの9年間を総括したビデオはこんな感じ。

「龍戦騎士」のMV(映像はこちら
画質が悪いので、発売されるまで待ったほうがいいかもよ~


烏龍茶さん、いつもありがとう。
中国語がわからない私にはジェイのステキな人柄がよくわかってうれしいです。
外婆とのエピソードはとてもかわいらしいですね。
When 外婆 was in Japan with Jay, she thanked his fans and asked them (us, actually) to support him forever in Japanese. She's such a sweet old lady!

テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

Happy Birthday Jay!!!

090118-3.jpg

旧正月の準備もすでに整い、にぎにぎしい雰囲気のホーチミンから、ジェイの30回目の誕生日を祝して乾杯!
これからも攻めの姿勢を忘れず、我々をドキドキさせ続けてほしい。たまにはロングホリデーでもとりながらね……ワーカホリックなジェイにはできない注文かな? でも、プールで日がな一日もいいよ~(笑)

昨年のこの日、ジェイは何をしていたのかと旧ブログを見たら、シンガポールのコンサート当日。観客席からハッピーバースデイの歌をプレゼントされていた。
今年は各地から台北に駆けつけたファンに祝ってもらって、きっといい思い出になっただろうね。



テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

アフタヌーンティ(MV集追記あり)

ジェイの香港コンサートのときに飲茶をしたお仲間二人を招いてアフタヌーンティ。
お手製のスイーツをお土産にいただき、暖かい陽射しのなかで午後のおいしいひとときを過ごした。
BGVは、2007台北コンサートのDVD。あれから早、1年3カ月。
最近のジェイの活動については、辛口の意見が出たのも愛こそゆえ!(笑)

090116-2.jpg

夕暮れも美しく。

090116-3.jpg


ところで、前の日記で書いたMV集は正規版ではないかもしれないので、
リンクをはずしました。期待したみなさん、早とちりでごめんなさい。



↑を書いたあとで、MV集について、 tommyさんがニュースがあがっていたと教えてくれました。
こちら。20日にDVD2枚組で発売みたいなことが書いてあるんだけど。果たして真相は?
ジェイの誕生会で渡台する方たちから、きっと情報が入るのではと期待!


続けて、やよいさんが台湾のサイトで予約注文ができると教えてくれました。
DVD2枚組でMVは「時光機」を除く20曲分収録。発行元はSony Music Entertainment (TW)。なので正規版ですね。YesAsiaでも予約受付中。でも、5musicがかなりお得です。

ぶら下がりジェイ。
090116-4.jpg


テーマ: 今日の出来事 | ジャンル: 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。