スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンブルドン決勝のセレブ

7月24日の記事にも書きましたけれど、ずーっと更新していなかったブログなので、訪問者はいないだろうと思っていましたら、なんと7月14日に164ものアクセスがあったのでびっくり。どうしてかしらと思ったら、13日のツイートのまとめのせいだったんですね。

そのツイートがこれ。

「Wimbledon決勝は面白かった!英国人はフェデラーびいきだね。NHKのアナったら、ヒュー・グラントはわかるのにカンバーバッチすぐわからない(あとでとってつけたように説明してた)、ケイト・ウィンスレットは知っていてもクリスティン・スコット・トーマスは知らない。その差がおかしい。」

WOWOWのコメンタリがどうだったのかは知らないのですが、『シャーロック』を放送しているNHKのアナウンサーが、客席に座るカンバーバッチが映っても最初スルーだったのに驚いたので、ツイートしたのでした。

ウィンブルドンの楽しみの一つは、ロイヤルボックスや観客席にいる有名人を映してくれることですよね。今年の決勝では、上記の他に私が気づいたのは、へレナ・ボナム・カーター、ブラッドリー・クーパー、アレックス・ファーガソン元監督かな。ブラッドリー・クーパーは常連かしら? 2013年ファイナルで彼と一緒にアンディ・マリーの勝利に喜んでいたジェラード・バトラーの姿が今でも目に焼き付いています。かわいかった。

Bradley-Cooper-Gerard-Butler-At-The-2013-Wimbledon-Final.jpg

Telegraph紙によれば、今年の決勝にはクライヴ・オーウェン、ダン・スティーヴンス(と言われてもわからないけれど、『ダウントン・アビー』とあったので、「ああ」と思いました)もいたんですね。

Telegraphの記事はこちら


そういえば、いつも同時期に行われるブリティッシュ・グランプリだけれど、今年は1週間ずれたので、ルイス・ハミルトンもロイヤルボックスに招かれました。ところが、ドレスコードをちゃんと読んでいなかったルイスは、タイとジャケットを着用していなかったので入り口で門前払いをくらったそう。なんだってそんなことチェックしていかなかったんだろう!?

Wimbledon決勝の他に、F1のパドックもセレブ探しが面白い。去年はカンバーバッチをよく見かけましたけど、今年はここまで誰がいたっけ?

スポンサーサイト

ユアンのそっくりさん?

昨晩のトルコ・グランプリで発見してしまった。
私好みのイケメン。
えっ、ジェンソン・バトン?
いえいえ、クリス・マーティン似のジェンス(by Sangoさん)はかっこいいけど、それほどタイプじゃないの。
ジェンスと同じ表彰台に立っていたけれど、ウェバーでもヴェッテルでもない。

私は一瞬、「あっ、ユアン・マクレガーがいる~!」ってテレビに向かって叫んでしまったんだけど(だって、パドックに映画スターとかよくいるじゃない。でも表彰台にいるわけがないと思って、やっと違うとわかった)、実はコンストラクターのトロフィをもらっていたらしいから、ブラウンGPの人らしい。らしいを連発しているのは、私の目はずっと彼の顔に釘付けだったので。(爆)
ドライバーじゃないから、ニュース写真にも写ってないし。

今夜、決勝の再放送があるので、もう一度チェックするけれど、
もし、ご存じの方がいたら教えてくださいっ!
川井ちゃんなら知ってるかしら?(笑)

090608-2.jpg
<たぶんこんな感じ>

テーマ: F1グランプリ | ジャンル: スポーツ

駅伝は楽しい

hakone.jpg

正月恒例の行事と言えば、天皇杯決勝に箱根駅伝に高校サッカーといったスポーツ観戦。
とくに今年の箱根は楽しかった。
去年、母校が往路優勝したので、今年は密かに総合優勝を狙っていた。往路で駒沢が大いにこけたので、これはいけると思ったら、箱根の山登りで東洋の黒いユニフォームの神の子がすごい走りを見せたので、最後は抜かれて往路2位。それでも、山下りで逆転よねと余裕でいたら、思ったより距離を離せず、結局8区で再逆転を許してしまった。その後は追い上げきれずに、2年連続の総合2位。やっぱり渡辺君は詰めが甘いの?

90年代はずっと大磯プリンスに泊まって、沿道で応援していたのだが(テレビで見るとあまり感じないかもしれないけれど、生だと疾走感がすごいの)、最近はいつまでたっても母校が復活しないので、もっぱらテレビ観戦だった。もっとも、母校ががんばらなくても、実はうちの近くには箱根駅伝に出ている大学がけっこうあるので自然と親しみがわく。
今年も駒沢、東農大、国士舘、日大と揃っていたので、そちらのレースも気になるところ。さらに、早稲田全盛期の選手が指導者となって、今年は渡辺、櫛部に加え、花田が率いる上武も初出場と、こちらも目が離せない。

昨年暮れ、下高井戸の商店街を歩いていたら、向こうから日大のトラックスーツを着た黒人選手が走ってくる。
「あ、あれは絶対駅伝選手だ!」と思ってにこっとしたら、その子も人なつっこい笑顔を返してくれた。2日のテレビで見てダニエル君とわかったので応援していたら、20人抜きをやっていた。すごいね。今度すれ違ったら声をかけてみよう。

というわけで、なにかと親しみのある駅伝は楽しい。

テーマ: スポーツ全般 | ジャンル: スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。