スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天台』で思い出した『ビギナーズ』

ジェイのライブのニュースの合間に、
映画『天台』の写真とかトレイラーとかインタビューとかも
目にする。

『言えない秘密』の続編とか言ったって、全然イメージ違うんだけれど。
いったいどんな話なのだろうかと思いつつ、中国語読めないから
あきらめているが、
私がこのトレイラーを見て、思い出した映画がある。

それは"Absolute Biginners"
日本では『ビギナーズ』というタイトルで公開された。
覚えている人いますか?

ミュージックビデオの第一人者だったジュリアン・テンプルが
手がけた音楽映画で、Ray Daviesが出演しているので
私もプロモーションの手伝いをしたから
思い出深いのだが、
なんとなくニュアンスがね、似てない?




こちらが『天台』。



スポンサーサイト
テーマ: 映画 | ジャンル: 映画

一路向北

ジェイのワールドツアーが始まったというのに、私は東京で普通に時間を過ごしている。

数年前までの熱狂が嘘のように、いまはほとんど彼の動向を追いかけていない。

それはやっぱり、ここ数枚のアルバムが心に響かなかったからなのだろう。

決して悪い作品ではなかったのだろうが、音楽って、時の勢いとか、聴く方の環境とか、
いろいろなものによって、受け止め方が異なるから。

でも、今回の上海で《一路向北》を歌ったと聞いて、急にソワソワして、
久しぶりにYouTubeをチェックしてしまった。

私がジェイにはまるきっかけになった『頭文字D』の曲。
2007年の国際フォーラム以来かもしれない。(いやー、記憶が薄れているので定かではないが)
懐かしい。とても懐かしい。あ〜、やっぱり私の原点、好きだ。



テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

なんてかわいい、その2

だいぶ以前、このタイトルで文章を書いたような気がしたので、その2にした。
かわいい。たまんない。秘密ってミンミンっていうの? 映画『言えない秘密』で聞いた音だ。
それしかわからないから、あとは何を言ってるんだろね。
ジェイが司会を務める番組の宣伝だって。Coming Soon! くっ、くっ、くっ。




テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

次はRAHでジェイを見たい。

ジェイを香港に見に行くというのは前から決めていた。
前回と同様、香港の友人にチケットを頼んで大船に乗った気分でいたら、
なんと3週間ほど前になって今回はダメだったとの連絡。
なんじゃ、それ!と凹んだけれど、香港はどうせ行くもんねと切り替え。
そうしたら、チケットを譲ってくれる方もいて(人数分には足りなかったんだけど)
17日に香港到着。着いたその夜にコンサート1日目。
改装なったホンハム。外観は変わってないし、中も変わった印象ないけど、
椅子はきれいになったかな。

jayhk-2.jpg

この日はグリーンゾーンでステージ左手。
しかも三番目のランクのチケットだから、武道館の1階の東南で見ている感じ。
ステージ全体が見えていいけど、仕掛けを見るにはちと苦しい。
だから、オープニングの3D映像も別に~。男のダンサーたちの踊りの切れも今いち。
なんて思ったりもしたけれど、
でも、ジェイがそこで歌ってくれてるってだけでOKだよね。
しかもゲストなしで、曲数も多かったこの日。
ライブで初めて聴いた、「黒色毛衣」や「給我一首歌的時間」「可愛女人」
特に終盤での後者2曲の流れはおいしすぎる。それだけでいいの、私は。


jayhk7.jpg

当初は18日、19日の2日参戦予定だったけれど、取れたチケットは17日、19日だったので
18日はお休み。いや、ジェイはもちろんやってますよ。
午前10時から当日券が出るというのでホンハムの窓口に行ったら、
車椅子用のブロックを3カ所解放して椅子席にしたところだった。
この当日券は前半4日間は全日出ていたから、後半もそうだったと思われる。
これが正面のブルーのブロックの席なら飛びつくのだけど、グリーンとレッドだから見送り。
18日は街歩き&グルメに終始した。


jayhk3.jpg

<昼間は閑散としている楽屋口前。
毎晩ジェイはここから車で隣のホテルへ、
カーテン開けて手を振るよ>


どうしても正面で見たかったので19日は早めにホンハムへ行き、ブルーゾーンの
チケットを売ってくれる人を発見。値段も額面どおり。ラッキーだね。
そして、この席に座れたからこそ、予想外のアンコールはかぶりつきまで行けたのだよ。
10年を振り返る映像では、2006年の国際フォーラムもちらっと出て、
あの時の出会いがあったこそ、今があるのよと私はしみじみ。

でね、「七里香」や再び「黒色毛衣」を聴けたし、すごく楽しくて、ハッピーだったんだけど、
やっぱり毎度私が思うことを今回も思った。
この至極の曲の数々を、ジェイとピアノとバンドだけのライブで聴きたいって。
ゲストもダンサーも仕掛けも何にもいらない、ジェイと楽器だけのライブを。
ほんとに思った。私の目の黒いうちに(知ってます?こんな表現)、
おとといの国際フォーラムでのシンプリーレッドのようなジェイのステージを
見たいと思った。あるいはイーソンがロイヤル・アルバート・ホールでやった
ようなステージを見たいと思った。

かぶりつきでジェイを見ても、あとで振り返るとそう思える。
欲が出るんだ、もう。


jayhk14.jpghkjay15.jpg


jayhk5.jpgjayhk6.jpg



テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽

やっぱり香港のジェイはおいしい!

私にとってもはや定番の、一粒で二度おいしいジェイ@香港、堪能してまいりました。

前回2007年11月の香港ではジェイが目の前で歌ってくれるという幸運に恵まれたのだけれど
(その時の興奮ぶりはこちら)、今回も参戦2日目(19日)に幸運!
客電もつきPAも落ちて普通ならもう終わりなのに、客席からの熱心なアンコールの声に、
なんと私服姿のジェイ&CO.が登場。「周大俠」(またの名をTOFU!)を歌ってくれたのだ。
もともとはPAの近くの席だったのだけれど、ライブ終盤から前のほうに出ていた私は、
そのときなんとかぶりつき!
最後には、膝を折って滑り込むジェイ、思いっきり受けました。
(はい、ここでやけに体の柔らかいクリス・マーティン思い出しましたけど)


jay-hk2.jpg



大興奮ながらとりあえず撮ってみました。はい、手を伸ばせば届きそうな距離にいました、ジェイ。




テーマ: お気に入りアーティスト | ジャンル: 音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。